最適な断食を実践するために考えうること

断食の目標設定、してますか?

 

断食に限らずダイエットを行うと、必ずといっていいほどぶつかる
壁があります。それは、停滞期。

 

停滞期とは、特に食事の量を減らしたり内容を変えたりして
いないのにも関わらず、体重の減少がピタリと止まってしまう
状態のことをいいます。

 

この現象は、ご自身の体重の約5%前後が落ちたときに
起こりやすくなります。

 

ではなぜ、このようなことが起こるのでしょうか?

 

それは、身体が一時的に飢餓状態となっているため、危機を
察した脳が代謝機能を弱める指令を発信することに起因しています。

 

つまり、身体がセーブモードとなっているということ。
そこで、気を付けて頂きたいことがあります。

 

なぜ断食のダイエットを失敗する人がいるのか?

 

長期間に渡り緩やかな食事制限によるダイエットを行っている
場合、停滞期が訪れないこともあります。

 

ところが、流行りのプチ断食を行う場合でも初心者の方は
極端なカロリーセーブを行うことが多く、身体が驚き、
早い段階でセーブモードに突入してしまうことも考えられます。

 

このような状態となったら、カロリーの低い食品を摂取し、身体を
安心させてあげることが大切です。

 

その際に注意したいことは、そこで諦めてしまわないこと。
プチ断食を行っている間は、とにかく食欲との闘いとなることも
少なくはありません。

 

そこで停滞期が訪れ、いきなりドカ食いをしてしまった・・・。
実は、ここで諦めてしまう方がとても多いんです。

 

たとえ1回だけドカ食いをしてしまったとしても、翌日からまた
断食を再開すればいいだけのハナシ。

 

ですが、できればドカ食いは避けたいもの。

 

そのようなときにおおススメしたいのは「ところてん」、「生野菜サラダ」、
「温野菜サラダ」、「鶏ササミ」です。特に温野菜サラダに

 

鶏ササミを少量加えれば、低カロリーの割には栄養を
きちんと摂取することができるため、停滞期の中継ぎとして
摂取するメニューに加えてみて下さい。

 

そしてもうひとつ。
目標体重の数値が大きすぎても、停滞期が訪れた際に
失敗することが多くなります。

 

それは、見えないトンネルを歩いているような状態であり、
それが永遠に続いてしまうかのように錯覚してしまうかららです。

 

高い目標を掲げることは素晴らしいことではありますが、大幅な減量を
行いたいのであれば、段階的に目標を定め、停滞期とも
上手に付き合っていくことがなによりも大切です。

 

おすすめ

置き換えダイエットの手作りレシピ